1. HOME
  2. ブログ
  3. 不動産ESGリポート
  4. 第5回 国が「国民的運動起こす」と旗振る‟二地域居住”を後押し

column

住まいのコラム

不動産ESGリポート

第5回 国が「国民的運動起こす」と旗振る‟二地域居住”を後押し

自治体と事業者が協議会を立上げ、当社代表・荻野も委員に就任

イチイグループが取り組む「ESG(環境、社会、ガバナンス)活動」についてご報告します。

いま「二地域居住」が一躍注目されています。
都市で生活しながらも地方での豊かな暮らしを実現できる、いわば人生を2倍楽しめるライフスタイルのことです。

私たちイチイでは2010年、「二拠点生活」の普及活動に着手。
都会で暮らす方々が福島県いわき市にセカンドハウスを構え、両方を行き来するという心豊かな生活をご提案してきました。

一方、ここへきて国が二地域居住に本腰を入れています。
国土交通省は昨春、「全国二地域居住等促進協議会」を設立したのです。

この協議会は600超の地方自治体と約30の関係団体・事業者、有識者で構成され、当社代表の荻野 政男も委員に就任。
荻野は公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会の担当理事として、不動産業界の立場から二地域居住の啓発活動に取り組んでいます。

背景はコロナ禍のテレワーク普及

当の国交省は二地域居住の普及に向けて「国民的運動を起こす」とまで表明しました。
昨今のコロナ禍でテレワークが普及し、地方での二地域居住が実現しやすくなり、ニーズも高まってきたことが背景にあります。

同協議会の初代会長には長野県知事の阿部 守一氏が就任しました。
現在、二地域居住の諸課題について対策づくりなどを進めています。

二地域居住を啓発するイチイの生活情報サイト『おとなの住む旅』はコチラ

<つづく>

関連記事