1. HOME
  2. ブログ
  3. シェアハウス 人気の真相
  4. 第2回「異文化に触れたい!」ラウンジに集う世界の若者たち

column

住まいのコラム

シェアハウス 人気の真相

第2回「異文化に触れたい!」ラウンジに集う世界の若者たち

外国人と接しながら英語を学びたい日本人から支持

(前回よりつづく)

J&F(ジャフ)ハウスは現在、東京・埼玉など首都圏と大阪・兵庫など関西圏で運営しています。

シェアハウスの魅力といえば、何といっても入居者同士のコミュニケーションの場があることです。

当社のシェアハウスでは共用のスペースとして「ラウンジ」(リビング兼キッチン)を設置。
ここにはテレビや大型冷蔵庫、電子レンジ、調理器具・食器類などを備えているので、食事は自分で作って食べることができます。

夕方になると、昼間は出かけていた入居者たちがラウンジに集まってきます。
お国自慢の料理を作ったり、深夜までおしゃべりしたり、各自の情報を交換したりと、皆さんとても楽しそうです。

日本人と外国人のより良い共生社会めざして

J&Fハウスをスタートした当初は、外国人をメインの入居者と考えていました。

ところが、予想外だったのは日本人の若者、特に20代後半の女性の入居希望者が多かったこと。
外国人と日常的に接して英語を学びたいというのが理由で、申込者の6~7割が日本人だったのです。

このように英語や海外の異文化を学びたいという日本人。そして、日本人と友人になって日本語や日本の文化を学び、就職先など日本社会の生の情報も知りたいという外国人。
そうした人たちから支持されているのがJ&Fハウスの特徴です。

ハウス内での共通語は「英語または日本語」としています。
学生さんも多く、社会人と学生の割合は半々くらいです。

そんなシェアハウスの運営を通し、私たちは日本人と外国人のより良い共生社会をめざしています。
では次回は、入居者の皆さんの生活ぶりなどをご紹介しましょう。

専用サイトはコチラ

<つづく>

関連記事