1. HOME
  2. ブログ
  3. 今が旬!人気の高齢者住宅
  4. 第32話 ゴルフ&テレワークの「ゴルファーケーション」はご存じ?

column

住まいのコラム

今が旬!人気の高齢者住宅

第32話 ゴルフ&テレワークの「ゴルファーケーション」はご存じ?

福島県が宿泊費等の3/4を補助
シニア等へ二地域居住呼びかける

旅先で休暇を楽しみながらテレワークで働く「ワーケーション」が普及してきましたが、さらに最近は新しいスタイルゴルファーケーションに注目が集まっています。

これはゴルフ場に宿泊してテレワークを行い、就業時間の前後や休憩時を利用してゴルフを楽しむというワーケーションのことです。

その注目のイベントとは、福島県と県内3つのゴルフ場が今秋から始めたゴルファーケーションのキャンペーン(利用客の誘致)。
なにしろ、福島県が宿泊費や交通費等の4分の3(1人当たり最大30万円)もの補助金を出すと発表したからです。

ゴルフが趣味のアクティブシニアも多いだけに、この動きは見逃せません。

仕事場は白河国際など3ゴルフ場

福島県の県南地方振興局では、「ゴルファーケーションを体験してみませんか」とこう呼びかけています。
「白河市を中心とした福島県南地方は東北新幹線を利用すれば、東京駅から新白河駅まで約70分。首都圏からのアクセスは申し分ありません」

県の狙いとしてはゴルファーケーションの体験を経て、二地域居住や移住へとつなげることにあります。

そんなゴルファーケーションの受け入れ施設は、白河国際カントリークラブ(白河市)と棚倉田舎倶楽部(棚倉町)、矢吹ゴルフ倶楽部(矢吹町)の3つのゴルフ場です。


△仕事の合間にゴルフを楽しむ         △棚倉田舎倶楽部

あるゴルファーケーションのユーザーは、こんなスケジュールを立てました。

[スケジュール]
(1)ゴルフ場で午前8時から仕事をして、午前11時から正午まではアプローチやバンカー、パターの練習をする。
(2)ランチをとりながら午後2時まで仕事をした後、ハーフラウンドを楽しむ。
(3)ちょっとリッチなディナーの後にまた仕事をする。そして、ゆっくりと温泉に浸かってから就寝。

予算には限りあり、早めに申込みを

福島県は現在、「ふくしま「テレワーク×くらし」体験支援補助金」を実施しています。

福島県外在住者が、福島県内でのテレワークで掛かった宿泊費や交通費など費用の4分の3を補助する制度です。
予算には限りがありますから、興味のある方は早めに申し込んだ方がいいでしょう。

※申し込みは締切ました。(2021年4月末現在)

この記事と画像の出典:福島県 公式サイト

関連記事