1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム 人気の高齢者住宅
  4. 第29話 「門限がなく、外食のできる高齢者施設、ありませんか?」

column

住まいのコラム

コラム 人気の高齢者住宅

第29話 「門限がなく、外食のできる高齢者施設、ありませんか?」

介護施設のほかに、自立型の高齢者賃貸が選ばれる時代へ

(前回よりつづく)

入居していた介護施設では、認知症の男性が館内を徘徊していたり、食堂でも隣りは介助を受けながら食事する女性だったり。やがてNさんは、少々気を病んでしまったそうです。
Nさんから私たちにご相談があったのは、そんな状況のときでした。

「“自立型の高齢者向け賃貸住宅”のことはご存じですか?」とお話しし、物件までご案内したところ、「こういうタイプの住まいがあることは知らなかった」と驚いていらっしゃいました。
ほどなくしてNさんは、地元にある「自立型のサービス付き高齢者向け住宅」へ転居され、今は落ち着いた毎日を送っています。

介護施設を見学した自立の方の感想

「この施設では許可がないと外出できないし、門限が夕方5時ではお友だちとディナーにも行けないわね」

「大浴場で知らない人と湯ぶねに浸かりたくないな。自分の部屋のお風呂に入りたいんだけど」

そうした声が上がるなか、最近は介護施設のほかに、自立型の高齢者向け賃貸住宅が選ばれる傾向にあります。
近年は自立型の供給が増えてきましたので、ユーザーの選択肢は着実に広がりつつあると思います。

関連記事