1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム 人気の高齢者住宅
  4. 第25話 自治体から相談「高齢者が入居できる物件ありませんか?」

column

住まいのコラム

コラム 人気の高齢者住宅

第25話 自治体から相談「高齢者が入居できる物件ありませんか?」

高齢者の住まいの選択肢、もっと広げていきたい!

(前回よりつづく)

シニアライフ田無の居室は個室ですので、プライベートは十分に確保できます。加えて、生活に必要な家具があるため、入居も引っ越しも手間がかかりません。

家賃や光熱費などの生活費を節約できる点もシェアハウスのメリットです。キッチンやトイレ、バス、リビング等は他の入居者と一緒に使うため、その分家賃が低くなります。

気になる月額の費用ですが、家賃は4万3千円から、管理費1万円、水道光熱費1万円の合計6万3千円程度。また、田無駅前には大型商業施設や商店街、物件の周辺にはスーパーもあり物価が安いのも魅力です。

当ハウスの個室は4部屋。介護スタッフはいませんが、困りごとに電話で対応するスタッフがいます。週2回ほどお花の水やり、点検などに来るので、何かあったら相談ができます。

2階のラウンジでは、テーブルを囲んで会話を楽しめます。同世代の人たちとの共同生活なので、寂しくはありません。

当ハウスでは「こんな生活はいかがですか」と次のように提案しています。

「シニアライフ田無」の特徴

・晴れた日は屋上のサンルームへ。富士山を眺めながら、ゆったりとひなたぼっこしませんか。また、プランターに好きな植物・野菜を植えて家庭菜園をしたり、夕涼みやバーベキューも楽しめるでしょう。遊びにきたご家族も一緒に利用できます。

・夜は1階ホールの大画面テレビの前に集合!映画鑑賞やスポーツ観戦などを楽しみましょう。


先日、首都圏のある自治体からこんな連絡がありました。

「イチイさんの高齢者向けシェアハウスの状況を聞きたい。自治体として民間業者と協力のうえ何かできないかを模索しているためです」
いま高齢者の住まいの確保は自治体にとって大きな課題となっています。今後はこうした動きが全国的に広がるのではないでしょうか。

シニアライフ田無を見つけられた方々は、「こういう住居があったのですね」と。
私たちは高齢者の住まいの選択肢をもっともっと広げていきたいと考えております。。

 

高齢者が入居できる賃貸物件 シニアライフ田無

 

<つづく>

関連記事