1. HOME
  2. ブログ
  3. 大家さん応援コラム
  4. 【トラブル・空室/第11話】借上げ家賃、築10年超は7割が減額

column

住まいのコラム

大家さん応援コラム

【トラブル・空室/第11話】借上げ家賃、築10年超は7割が減額

【1分小話】つぶやく〝イチイのトラブル請負人〟

サブリース等の実態を調べたオーナー対象のアンケート結果が発表されました。大家さんの参考になるため、一部をご紹介します。(公益財団法人 日本住宅総合センターが実施:6月公表)

・一括借上げ契約(サブリース原契約)の更新時に、借上げ家賃の減額を経験したオーナー様の割合は47.5%。さらに、建物が築10年以上経過した場合は7割以上が家賃減額を経験した。
・サブリースでは駅から1km以上離れている物件が27.9%あり、自主管理や管理委託の物件より多かった。
・一括借上げの契約期間は平均22.97年。
・オーナー様がサブリース事業者から受け取る(借上げ)家賃額は、サブリース事業者が入居者から受け取る家賃額の80.43%(平均)。

今回の「民間賃貸住宅の供給実態調査」は供給の主体やサブリース事業者の関与等の現状を明らかにするため、三大都市圏でウェブアンケートを実施したものです(有効回答数300)。

公益財団法人 日本住宅総合センター

オーナー様はサブリース事業者に対し、借上げ家賃の改定基準など重要な点については事前に確認し、十分理解しておくことがトラブル回避へ不可欠だと思います。

〈つづく〉

関連記事