不動産用語集|特殊建築物

特殊建築物とは

特殊建築物とは、学校、体育館、病院、劇場、旅館、倉庫、共同住宅、工場など、多くの人が利用する建物のことを指します。これらの建物は、災害時でも安全が確保できるよう、厳格な建築基準法によって規定されています。特に、建築設備やエレベータなどについては特別な設置基準があります。

また、定期的な点検や報告が義務付けられています。報告はそれぞれの建物によって異なりますが、一般的には3年ごとに1回行われます。ただし、戸建て住宅や事務所などは特殊建築物に含まれません。

 

不動産用語集