不動産用語集|誇大広告

誇大広告とは

「誇大広告」とは、広告で商品やサービスの利点を実際よりも大げさに表現していることを指します。実際には根拠がないにもかかわらず、「絶対的な価値がある」「絶対成功する」「トップクラスの性能」など、客観的な根拠がないにもかかわらず、商品やサービスのメリットを強調し過ぎる表現が含まれます。このような広告は、消費者を誤解させたり、誤った期待を持たせる可能性があるため法律で禁止されています。

不動産広告の誇大広告

特に宅地や建物に関連する誇大広告は、所在地、規模、形質、利用の制限、環境、交通などに関して、実際の状況よりも良く見せるような表現が制限されています。例えば、「最高級のロケーション」「将来価値が爆発的に上がる」「他にはない絶好の立地」など、具体的な根拠が示されていないにもかかわらず、魅力的なイメージを演出するような広告は禁止されています。

消費者が適切な情報に基づいて判断できるよう、広告は真実を重視し、客観的な情報を提供することが重要です。誇大広告は信頼性を損ない、消費者と企業の信頼関係を損ねる可能性があるため、正確で誠実な広告表現を心掛けなければなりません。

 

▼関連記事はコチラ

 

不動産用語集