イチイグループ会社案内

お気軽にお問合せください

03-5379-5272

お問合せフォーム

コラム人気の高齢者住宅

第24話「60歳からのシニア女性専用のシェアハウス」開設します!

離れて暮らす高齢の親を近くに呼び寄せませんか

イチイは、元気な60歳以上のシングル女性専用のシェアハウス「シニアライフ田無」を西東京市にオープンします(西武新宿線田無駅 徒歩12分)。

シェアハウスで共同生活を送り、ご入居者が支え合って暮せるなら、孤独になりがちな都会での生活も安心です。日ごろから人と関わることで、認知症も予防できると思います。

地方都市に住むAさん(70代)はご主人が他界され、東京都内のご子息の自宅近くに転居することを検討中とのこと。先日、シニアライフ田無の見学にお見えになりました。

ご子息からはこんなお話をいただいています。

「母を一人にさせておくと、目が行き届かなくて不安です。今は自立していますから、介護施設には入れたくありません。私の自宅の近くで、シニアライフ田無のように普通の暮らしができるところ(住まい)を探していました」

今、「近居」が静かなブームを呼んでいます。

近居とは、親と子が気軽に行き来のできる近い距離に住むこと。何かあったときに助け合える距離でありながら、同居と違いプライバシーを守れる点などが人気の理由です。

特にここ数年は、高齢になった親が子どもの家の近くに転居するケース(いわゆる「呼び寄せ」)が増えています。

今回のAさん親子はまさに「近居」「呼び寄せ」の典型的なケースと言えるでしょう。

シニアライフ田無では居室に家具を備えていますので、短期滞在用の住まいとしても最適です。

子ども家族の近くで過ごしたいというシニア女性には、セカンドハウスとしても活用できると思います。

それでも、どんな人たちと共同生活をするのか不安があるという方もいらっしゃるため、1週間程度の「お試し入居」もできるようにしました。

次回は、シニアライフ田無の家賃などの詳細をご紹介します。

<つづく>

写真:シニアライフ田無/リビング