ICHII

mast

ニュース

【トラブル・空室/第17話】オーナーが認知症?契約どうするの

2019年08月07日(月)

【1分小話】つぶやく〝イチイのトラブル請負人〟


オーナー様のご長男から初めて連絡がきて、ビックリしました。

ご長男「最近父は物忘れがひどいので、私が貴社とのやり取りを担当します。この先、父が認知症になってしまわないか心配です」

請負人「承知しました。但し、賃貸借契約の締結や更新・解除、原状回復工事の発注を含めすべて、オーナー様ご本人の意思であるという確認が必要になります。

たとえ家族でも、オーナー様以外の人が代わりに行った契約等は、法的に無効となってしまうからです。 そのため弊社では、オーナー様とご家族が交わす「不動産管理業務に関する委任状」の作成をお勧めしています。

これは、契約の締結・解除や修繕等の「代理権」をオーナー様がご家族(代理人)に与えておくというものです。そうすれば万が一認知症になられても、ご家族が契約行為等を代行できます(但し、成年後見人が選任されるまでの補完的な権限にとどまる)。
この委任状は簡単な書面1枚に署名するだけです。ぜひお元気なときに作成しておいてください」

2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になるとの推計(厚労省)があります。事前の準備は怠らないようにしたいですね。

〈つづく〉


【トラブル・空室/第1話】「〝スポットライト〟でムーディーなお部屋」
【トラブル・空室/第2話】「売り込むなら、外国人雇用企業!」
【トラブル・空室/第3話】「入居日に感謝のウエルカムバスケット」
【トラブル・空室/第4話】「東京都等に空室を登録し高齢者に貸す」
【トラブル・空室/第5話】「契約更新時の清掃サービスで退室防ぐ」
【トラブル・空室/第6話】「築27年の学生寮をシェアハウスで再生」
【トラブル・空室/第7話】「夏場にエアコンの故障は致命的です!」
【トラブル・空室/第8話】「2階の人のドアの音が耐えられない!」
【トラブル・空室/第9話】「やられた!入居者が荷物残して夜逃げ」
【トラブル・空室/第10話】「1ヶ月住むだけで更新料を払うの?」
【トラブル・空室/第11話】「借上げ家賃、築10年超は7割が減額」
【トラブル・空室/第12話】「20年住んでも家賃は下がらないの?」
【トラブル・空室/第13話】「内見が多くても入居が決らないワケ」
【トラブル・空室/第14話】「入居者はどこ?見知らぬ男が出入り」
【トラブル・空室/第15話】「赤の他人で頭割り?!家賃払えるの?」
【トラブル・空室/第16話】「自宅を貸すときリフォームは必要?」


【トラブル・空室/第17話】オーナーが認知症?契約どうするの

委任状は簡単な書面1枚に署名するだけ。元気なうちに準備しておくと安心です