イチイグループ会社案内

お気軽にお問合せください

03-5379-5272

お問合せフォーム

コラム 人気の高齢者住宅

第7話 入居者インタビュー「近くに住んでいたのが決め手でした」

夫婦二人で商売を60年〈髙村昌江さん・兼二さん〉

積水ハウスグループの高齢者向け賃貸住宅「グランドマスト西ヶ原」(東京・北区)に入居して2年弱の髙村夫妻に話を聞いた。

「階段が大変だった」

以前住んでいた戸建の自宅は1階が店舗で、2・3階が住居だった。足腰が弱り、自宅の階段が大変になってきたことも入居理由の一つ。

「今はエレベーターがあり、廊下が広いし、手すりも付いていて安心」と昌江さん。

加えて、角部屋が空いていたことも決め手に。

「ちょうど滝野川公園が窓から見えるんですよ。景色がとにかく良くって」。

寝室を別々にできる2LDKの間取りも気に入っているという。

交流を大切に

「体操などいろいろなイベントにはなるべく参加しています。皆さんのお顔がわかっていいと思います」。

今はコロナ禍で休止中のサークルも多い。なかでも「懇親会もなくなっているので寂しい」と兼二さん。「早く交流ができるようになるといい」。

高齢者住宅を検討している人には、こうアドバイス。

「足腰がしっかりしているうちに、ちょっと早いなと思っても見学に行った方がいいですよ。見るとだんだん気持ちが傾いてきますよ」。

食事は一緒にとるが、日中はそれぞれ自由に過ごすことが多いという髙村夫妻。

昌江さんは、編み物が上手な入居仲間に教わり、マフラーを編んでいるとのこと。兼二さんは、以前からの趣味、ペーパークラフトに精を出し、日本の城を製作。パソコンで展開図を出力し、緻密な世界を楽しんでいるという。

〈定年時代令和3年5月上旬号(東京版)掲載〉

<つづく>