イチイグループ会社案内

お気軽にお問合せください

03-5379-5272

お問合せフォーム

コラム高齢者住宅の実像

第6話【サ高住の課題】なぜ居室の設備は住宅によって違うのか 

写真:室内設備の完備されたサ高住「ヘーベルVillage町田中町」(東京都町田市)

浴室と台所の室内設置率、20~30%台にとどまる

今回は「サービス付き高齢者向け住宅」(通称:サ高住)の住宅設備について考えてみましょう。

サ高住には居室や食堂、共同リビングなどがあり、居室の中にはトイレと洗面台、収納、浴室、台所などが設置されています。
そのうちトイレと洗⾯台、収納はほぼすべての居室に備わっているのですが、浴室と台所については設置率が20~30%台にとどまっています。

この5つすべての設備が完備している住宅は、わずか20%にすぎません(昨年8月現在、下のグラフ参照)。

    「サ高住の専用部分の設備」    

    出典:一般社団法人 高齢者住宅協会    

このように居室の設備が住宅によって違うのは、サ高住を定めた法律(高齢者住まい法)の規定が影響しています。

法律では、この5つの設備は居室に備えることとしているものの、浴室と台所、収納の3つに関しては共同して利用できるものが館内にあれば、各々の居室には備えなくても良いとされているからです。

では続いて、サ高住の居室の「面積」と「室内設備」の相関関係について見ていきましょう。

<つづく>