イチイグループ会社案内

お気軽にお問合せください

03-5379-5272

お問合せフォーム

コラム人気の高齢者住宅

第4話 入居者に聞く「なぜ早めに住替えようと思ったのですか?」

長年両親の介護で苦労、「早めに終活しよう」と夫婦で決める

(前回よりつづく)

アクティブシニア向け賃貸住宅の運営会社がご入居者にインタビューしましたので、ご紹介します。

〈3〉【夫婦(70代)ふたり住まい】早めに住み替え、夫婦で新生活を満喫

―なぜ住み替えようと思われたのですか。

20年間両親の介護で大変な経験をしたため、自分たちは早めの終活をしようと夫婦で話し合っていました。

関西の自宅は広すぎると感じでいたこともあって、夫が体調を崩したのを機に関東への転居を決めたのです。

―今、どのように暮らしていますか。

夫は首都圏での勤務が長く、私も東京に友人が多いですから、遠くへ引っ越したものの、こちらでの新しい生活を満喫しています。

■アクティブシニア向けの賃貸住宅として知られるのが、旭化成ホームズの運営する「ヘーベルVillage(ヴィレッジ)」。どんな入居者が暮らしているのでしょうか。

入居者は平均77歳、約8割が自立

高齢社会のテーマとして介護の問題が注目されますが、実は65歳以上の約85%が介護保険の非受給者、つまり自立して生活できる元気なシニアです。

今後も高齢者人口の増加と介護予防の強化により、元気なシニア層が増えていくと予想されています。

ヘーベルVillageの入居者の平均年齢は77歳。中心となる75~84歳が約5割を占めています。

そして、全体の約8割は介護保険非受給者で、自立生活の可能な人たち。残りの約2割も介護度の低い人がほとんどです。

こうして見ると、今後増加すると言われる元気なシニア層の割合(約85%)と合致していることが分かります。

入居者の年齢

入居者の介護度

<つづく>