1. HOME
  2. ブログ
  3. 分散型サ高住で変る高齢社会
  4. 第1回 イチイの「コミュニティ型高齢者住宅」が国のモデル事業へ

column

住まいのコラム

分散型サ高住で変る高齢社会

第1回 イチイの「コミュニティ型高齢者住宅」が国のモデル事業へ

コラム 分散型サ高住

入居者の交流拠点を中心に、近隣の空室を高齢者に賃貸します

イチイが取り組む「分散型サ高住の事業化」についてご報告します。

当社の「分散型サ高住の事業化プラン」が昨年12月、国土交通省から「人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業」に選定いただきました。

これは高齢者などが安心して暮らせる住環境づくりで特に先導性が認められた事業に対し、国交省がその事業費を補助するものです。

上記の「分散型サ高住」とは言いかえると、「コミュニティを重視した高齢者向け賃貸住宅」。
具体的には当社の地域交流センターを見守りサービスの供給拠点とし、その近くにある複数の空き室を見守り付きの高齢者住宅として再生するというプロジェクトです。

地域交流センターを地元の皆様に開放

イチイは2019年、西東京市で地元の住民が交流できる施設「田無地域センター」と「シニア世代向けシェアハウス」を開設しました(西武新宿線 田無駅徒歩12分)。

当センターは18年にオープンした鷺宮地域センター(中野区)に次いで、都内2番目の地域コミュニティの拠点です。
セミナーや会議等の会場として住民の皆様に無償でご提供しています。

なぜ不動産管理業の当社が、地域貢献のための施設を展開するのか。
その目的は超高齢社会の進展で、需要の高まる高齢者向け住宅を供給していくことです。

もっとも、私たちが進めるのは高齢者向け住宅の新規開発ではありません。
次回詳しくご説明いたします。

国土交通省「人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業」の詳細はコチラ 

<つづく>

関連記事