1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム 高齢者住宅の実像
  4. 第4話【サ高住】多様な事業者の参入がサービスの多様化もたらす

column

住まいのコラム

コラム 高齢者住宅の実像

第4話【サ高住】多様な事業者の参入がサービスの多様化もたらす

39ガーデンプレイス ありが塔

写真:民間が運営するサ高住「39ガーデンプレイス ありが塔」(茨城県ひたちなか市)

事業者は民間主導、介護・医療業界からの参入が8割

「サービス付き高齢者向け住宅」(通称:サ高住)のイメージがつかめない2つ目の理由は、サ高住を運営する「事業者」にあるのではないでしょうか。

主に社会福祉法人等が運営する特別養護老人ホームと違い、サ高住の運営事業者は営利目的の民間企業が多く、株式会社が約6割を占めています。
また、業種別に見てみると、介護系と医療系の事業者が全体の約8割です。

サ高住を運営する事業者

サ高住を運営する事業者

(出典:一般社団法人 高齢者住宅協会)

このようにサ高住は事業者が多様なところが、サービスの多様化につながり、イメージの輪郭があいまいになったのではないかと思います。
次に3つ目の理由として挙げられるのは、サ高住では入居者の心身の状態が実にさまざなことです。

<つづく>

関連記事