イチイグループ会社案内

お気軽にお問合せください

03-5379-5272

お問合せフォーム

第9回 <海外編> 近代建築の三大巨匠 -その1-

シリーズ 建築コラム(アーカイヴ)

建築コラムアーカイヴ 建築コラムアーカイヴ
近代建築の三大巨匠

「建築空間の主人公は人間であって、他の何者でもない」フランク・ロイド・ライト

フランク・ロイド・ライト [ Frank Lloyd Wright ](1867年~1959年 アメリカ出身。 写真左)

住宅作品を多数手掛けモダニズムの流れをくみ、幾何学的な装飾と地を這うような有機的空間構成が特徴で、日本にも作品を残している。特に旧「帝国ホテル」は日本の大谷石を多用し、肌理の細かい、優しい空間を創り出している。彼の代表作の一つといえると思います。
「建築空間の主人公は人間であって、他の何者でもない」 というヒューマンな思想が、すべての作品に現れている。
※モダニズム・・・過去の装飾を用いた様式建築を否定する動向。

旧帝国ホテル正面玄関(日比谷公園側)

国産の大谷石がふんだんに使用されている。

旧帝国ホテル正面玄関

写真「F.LL.Wright 1」 より

カウフマン邸/落水荘

鉄筋コンクリートの特性を最大限に生かした、キャンティレバーの(持ち出された)テラスが滝の上に浮き出し、自然と一体化した姿が美しい。

カウフマン邸落水荘

写真「ウキペディア」 より

グッケンハイム美術館(米、ニューヨーク・マンハッタン)

グッケンハイム美術館 グッケンハイム美術館内部吹き抜け

内部吹き抜け:人々はEVで最上階へ上がり斜路を展示を見ながら降りてくる。<

リットル邸

リットル邸 ミネソタ州(1913年)N.Yのメトロポリタン美術館に移転展示されている。

リットル邸 リットル邸

ライト設計の照明器具

ライト設計の照明器具

主な作品

  • ・1923年  帝国ホテル(犬山市/明治村に移築) (東京都、千代田区)
  • ・1924年  山邑邸(現 ヨドコウ迎賓館) (兵庫県、芦屋市)
  • ・1926年  自由学園 明日館 (東京都、豊島区)
  • ・1936年  カウフマン邸/落水荘 (米、ペンシルベニア州)
  • ・1959年  グッケンハイム美術館 (米、ニューヨーク・マンハッタン)

レポート / 工藤 浩一郎