イチイグループ会社案内

お気軽にお問合せください

03-5379-5272

お問合せフォーム

第1回 軽井沢の山荘 / 吉村順三(1908年~1997年)

シリーズ 建築コラム(アーカイヴ)

建築コラムアーカイヴ 建築コラムアーカイヴ

環境と建物の調和をデザインする建築家、吉村順三


軽井沢山荘

この建物は森の中に建つ小さな別荘で、1階をRCで固めて2階を木造で大きく広くとり、住居スペースの目線が緑の中に溶け込む、自然と一体化した空間が現れます。

私が建築家「吉村順三」に一番に惹かれるのは、建築家としてのエゴが全く感じられず、ディテールにこだわりその積み重ねて、素晴らしい空間を造りこんでいることです。

「建物の純粋さとは何か。それは建築材料を正直につかって、構造に必要なものだけで構成するということである。柱は常に屋根を支える役割をもち、障子の桟(サン)は造形的なパターンであると共にしっかりした構造的な役割をもっている。」
(1965年7月号朝日ジャーナルより)

軽井沢山荘:吉村順三

建築家:吉村順三プロフィール

  • 1908年9月7日~1997年4月11日。東京都生まれ。
  • 東京美術学校(現在の東京芸術大学)で建築を学んだのち、チェコ出身のアントニン・レーモンドに師事。1941年に「吉村順三設計事務所」開設し1962年には東京藝術大学教授に就任する。

主な作品

  • ・奈良県国立博物館(1972年/奈良県)
  • ・箱根ホテル小涌園(1959年/神奈川県)
  • ・青山タワービル・タワーホール(1969年/東京都)
  • ・八ヶ岳高原音楽堂(1988年/長野県)
  • ・国際文化会館(1955年/東京都/前川國男、板倉準三との共同設計)など

レポート / 工藤 浩一郎