ICHII

mast

メディア

日経ウーマン(2001年2月号)

ボランティア+外国人ハウス

2001年「日経ウーマン」2月号、外国人ハウスの特集ページにてJ&Fハウスが紹介されました。日本にいながらにして外国人と交流ができる、住みながらにして語学勉強ができる、様々な思いで外国人ハウスに住む日本や外国人の暮らし方が掲載されました。

日経ウーマン

「気持ち」があれば世界中に友達ができる

英語は得意ではないという大学生の石井さんも、4ヶ月前に生活を始めてから外国人とフランクに話せるようになったという。外国人にとっても日本は異文化の土地なのだから、同居する日本人にいろいろと教えてもらいたいと思っているはず。英語力不足でも、日本人のケアは嬉しいのだ。

日経ウーマン2001年2月号

日本語教室をかねた憩いの場に

「港南国際交流ラウンジ」では、週に5回、外国人向けの日本語教室を開講している。ここでは日本語直接話法という方法で指導しているので、教室内で聞こえてくるのは、ほとんど日本語。日本語教師には、英語力より何かを教えた経験のある人を優先して採用している。その上こうしたボランティアを必要としている外国人は、アジア系、南米系などがほとんどだから、この教室だけでは英語力向上はあまり望めないかもしれない。

といっても、ボランティア団体では数々のイベントが開催される。日本語教室で上級レベルを受け持つ浅見さんは「日本語を教えているうちに、逆に彼らの文化や考え方を教えてもらうことがあるんですよ」と言う。日本語教師のボランティアを通して、英語の基盤にある異文化に触れることができるようだ。(記事より一部抜粋)