ICHII

mast

メディア

まち居住通信(2000年12月号)

「ひとつ屋根の下で外国人と暮らすジャフハウスの試み」

2000年12月号「まち居住通信」にて、老朽アパートからゲストハウスについて代表、荻野の記事が掲載されました。

閑古鳥の老朽アパートが一転して超人気商品に

外国人が住めるアパートを提供しようと「J&Fハウス」という新商品を企画した。いずれも新築ではなく、古い設備共同の木賃アパートや開店休業状態だった簡易ビジネスホテルなどをリニューアルした物件である。営業不振に陥っていた物件が、外国人向けの滞在型住宅として衣替えしたとたんに、引く手あまたの人気商品に生まれ変わった。

国籍も職業も多彩な入居者たち

予想外だったのは日本人の若者、特に20代後半の女性の入居希望者が多かったこと。外国人と日常的に接しながら英語を学びたいということで、反響の6、7割が日本人でした。「J&Fハウス」には外国人と日本人が、ほぼ半数ずつ住んでいる。外国人の方はというと、十条はアメリカ人の大道芸人、ホームページのデザインをしているウクライナ人など多彩。一方、新宿は家賃が少し高いこともあり、英語の先生などビジネス中心の人が多い。学生は少なく、年齢的には20代~40代の仕事を持っている外国人が中心です。

住宅を提供する側は、どんどん設備を専用化して、きれいで設備がよくてオートロックがあり、床がフローリングといった物件こそユーザーに求められていると考えてきました。しかしプライバシーを守ってあげると助け合い、挨拶をする必要性もなくなってしまいます。
今の若い人たちの中にも、お互いにふれあえる場所を求めている人がいるのではないか、日本人にも異なるニーズがいろいろあるということに今回改めて気づきました。(記事より一部抜粋)

まち居住通信no.6