ICHII

mast

メディア掲載

読売新聞<夕刊>(2000年10月27日)

「アフター5けいざい」繁華街の国際長屋のタイトルで掲載

ホテルとも、アパートとも違う長期滞在者用の貸部屋で、1階には、ふろなどとともにテレビや冷蔵庫を備えた共同の居間がある。昼間は出かけていた旅行者や滞在者が夕方になると集まってくる。ユースホステルと雰囲気が似ているが、門限など堅苦しい規則はなく、部屋も個室だ。

2000年読売新聞夕刊

繁華街の国際長屋

この「J&Fハウス」の場合、料金は電気、水道代などを含めて2週間4万円程度と、長期滞在しやすい水準に設定されている。ビジネスホテルを改装して9月にオープンして以来、10室ある部屋は常に満室だという。

経営する不動産会社の荻野(弊社代表)は「長年、外国人の住宅探しで苦労してきたので、物件をオーナーから借り上げて自社で運営することにした。礼金や更新料など、日本の面倒な賃貸制度は外国人には理解しにくい」と話す。
一ヶ月の休暇でハワイから来たというアメリカ人男性(28)は「友達が先に泊まっていたので見に来たら、ほかよりきれいだし、値段が安かったので決めた」と満足そうだ。

ゲストハウスは、東京を中心に徐々に増えている。様々な国籍、職業の外国人が逗留して情報交換をするだけでなく、英語の勉強を目的に住み込んでいる日本人の若者も多い。゛国際長屋”は草の根国際交流にも一役買っているようだ。(記事より一部抜粋)